きれいに元気にアンチエイジングに。日々の暮らしにお手軽薬膳。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
わたしの「ゆる薬膳」とは

「ゆる薬膳」とは、ゆるーーーーーーーーーーーい
薬膳生活です。

自慢じゃないですが

はっきりいって
わたしは



無精モノです。



ものぐさです!


なまけもんです!


ついでに酒飲みです!



・・・なんの自慢にもなってないけど・・・


そんなわたしでも
薬膳生活はできるのですよおおお。


残業続きであたあたした生活で
がっつり
難しいレシピをこさえるなんてむりっ!!!

現代人は忙しいんですっ!
ややこしいこたあ、この際省きます!

わたしが
薬膳で体調がよくなったのは
「薬膳レストラン」で出てくるような、
漢方食材を使った

メニューを毎日こしらえていたわけではありません。


基本的には



食べ方を変えただけ。


あるいは


考えて食べるようにしただけ。



です。



自分の体質、季節、そのときどきの体調に合わせて、必要な食材を
とる、


必要な食べ方をする、を心がけていただけ。



おうちでごはんを食べる機会がなくても

「薬膳の理論」にのっとった食べ方をするだけで、
かなり体調はかわります。



たとえば、身体が冷えやすい体質のひとが、
身体を冷やす食材をがんがん食べていれば

より身体が冷えて、体調は悪くなる一方です。



その逆もしかりで、
のぼせやすい熱がりの体質のひとが
身体を温めるものを食べていれば
これまた体調は悪くなる一方。



身体の中が整わなければ、
美容面のトラブルも改善されません。




きれいになりませんっ!!!



自分の身体に必要なものをとる。
不必要なものは避ける。でも食べたい!となれば

不必要なものでも「調理法」や食べあわせで
大丈夫、そんな方法もあります。



 

がちがちに考える必要はないかなあと。


わたしが続けている「ゆる薬膳」もふだんの食事で
ちまっとこころしていること。


自分の体質、体調、季節。
そこから食べ物と食べ方をちょっと考えてみる。


そんなゆるーい感じです。(ん〜、いい意味でてきとう)




以前は年をとることが恐怖でしたが

いまの薬膳的食べ方を続けていれば、

ちっとは老化の速度はスローかなあ、と思っています。
そんな感じです。



というわけで、ものぐさな
わたしの日々「ゆる薬膳」をつらつらとご紹介しまする。


<ゆる薬膳。ポイント>

お料理は基本的には「スーパーにあるもん」を使ってます。
ついでにかなりゆる〜いレシピです。
(つまみじゃん、というツッコミもあるかと・・・)

また、一見ゆるくないかもしれませんが
ときには生薬や中華材料専門店にあるものも使ってます。
あきらかに具合が悪いときは効能が大きいのと
使いなれればラクに体調を整えられるからです。

「なあんか見慣れないなー」というものも
トライしてみてくださいね。
見慣れぬ食材のアレンジも
食事の幅がひろがってなかなかいいもんです♪



| ankimo | ゆる薬膳ことはじめ | 01:22 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
わたしが薬膳にハマったきっかけ


 どんな化粧品を塗っても肌の衰えがとまらん!!!


わたしが薬膳に興味を持ち始めたきっかけ、
それは「肌の老化」です。

30代に入って、肌の色ツヤの悪さ、クマ、シミ、たるみ・・・
うーん。
明らかにそれまでより
肌がダメになっていきているのを痛感。

鏡を見るたびにユウウツで「いい」と
いわれる化粧品をずいぶん買い込みました。
値段がいくら高くても「いい」と聞けば購入。
顔面御殿がたつのかよ! っつうほど買ってました。
なんせ、顔洗ったあとに10種類近く
いろんなもの塗ってたような・・・

が。

あれこれ試したものの、期待するほどの効果は得られず。



ついに10万円代のクリームまで購入! 


でもやっぱり思ったほど劇的な効果は
自分自身、いまいち感じられない・・・。

でも。 ある日、ハタと思ったのは


身体の中から変えなきゃダメかも??

ということ。

「外から塗るだけじゃなくって、
身体の中に栄養を入れることを考えないと
ダメなんじゃないか?」と。


まだ若いころ、1週間ファストフードを食べつづけた結果
ひどい脱力感、そして肌が荒れるわ、ニキビができるわ、
大変なことになったのを思い出しました。

ということは、

やっぱり「身体の中に入れるものが大切だ」と。


お花や野菜だって「お水と栄養をいかに与えたかで」
まったく違うのだから人間だってそうだよなあー、と。

身体の中が整っていなければ、
きっとどんな高価な化粧品を塗っても改善はされないんだろうな、と。

それが薬膳を勉強してみようと思った、きっかけでした。


★薬膳をはじめて、からだのトラブルが消えた。



まず、薬膳を自分なりにはじめるうち、それまで気になっていた
体のトラブルが発生しなくなったことに驚きました。

春と秋にさんざん悩まされた目の花粉症がなくなった!

月に3度はマッサージ屋に通うほどの頑固な肩こりがなくなった!

何をしてもなかなか解消しなかった顔のむくみがなくなった!

ほんと、
いまやあれはなんだったんだろう〜?と思うほどです。


★使う化粧品が激減。


そのころには、ドレッサーにのりきらなかったほどの
化粧品が一気に減りました。肌のコンディションがよいので、
必要なくなってしまったのです。

シミを隠すためのコンシーラーもいらなくなりました。

いまは
化粧水と、クリーム、美容液のみ。


ごくごくシンプル。おそらく額としては昔の5分の1くらい。



でも昔よりも肌の調子は、
いまのほうが、ベストだと思っています。
トシもあれからとってるんですけどね(笑)




★カロリー計算しなくても太りにくくなった。


もうひとつ、からだの変化といえば「やせた」こと。
わたしは結構食べてます。
ついでに飲んでます(笑)

が。薬膳をはじめてから5キロ痩せました。


以前は、何を食べるにも
過剰にアタマの中でカロリー計算をして
そういう意味ではお米すら避けていました。

でも、からだにとって必要なものをとらなければ
結局「新陳代謝」が衰えるだけ。

たとえば、とくにお米は薬膳では「気を補充する」食材。
そして代謝をつかさどる、漢方でいうところの臓器「脾」にとって大切な食材です。

薬膳的食べ方をすることで結局代謝があがり、
太りにくくなったのでしょうね。

カロリー至上主義人生を送ってきたわたしにとって
そういう意味では


食べたら太るかも・・」の「罪悪感」がない!


というのは
相当エポックメイキングなことでした(笑)

 

| ankimo | ゆる薬膳ことはじめ | 15:17 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 水産ガールズ「魚食女子ナイト〜カモン!鮭ガール 気分はサーモンピンク!〜」開催!
    ankimo (02/28)
  • 水産ガールズ「魚食女子ナイト〜カモン!鮭ガール 気分はサーモンピンク!〜」開催!
    つつみ (02/04)
  • ザ・25文字薬膳♪
    ankimo (03/11)
  • ザ・25文字薬膳♪
    ankimo (03/11)
  • ザ・25文字薬膳♪
    みやた です、 (03/03)
  • 日本橋三越カルチャーサロンでセミナー開催♪
    EMK (02/28)
  • ザ・25文字薬膳♪
    ほ。 (02/28)
  • 新刊「春夏秋冬ゆる薬膳。」発売になりました〜
    HIKAKO (02/06)
  • 新刊「春夏秋冬ゆる薬膳。」発売になりました〜
    マピ (01/30)
  • 冷蔵庫おかたづけ「ゆる薬膳。的お好み焼き」
    tazoe (01/24)
asiato
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ