きれいに元気にアンチエイジングに。日々の暮らしにお手軽薬膳。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
春の元気と美を磨く!「春の薬膳レッスン」(タイトルだけ)





どんどん暖かくなる今日このごろ。



春は、陽気のせいで
上半身のトラブルが多くなります。
吹き出物、のぼせ、鼻水、鼻づまり、頭痛などなど…。


ankimoもこの時期はめったにできない
吹き出物がぼつぼつできて、
やべー、上昇トラブル!!!と慌てふためきます。



春の薬膳のポイントは以下です。





★気温が高くなり、
体内のエネルギーも高まって新陳代謝がアップする季節。
中医学で「肝」とよばれる臓器の働きが活発になり、そのバランスを崩しやすい。





<対策>
 肝のバランスをとり、働きをサポートする「肝ケアフード」食材
(肝の働きが過剰になり、
不足している「血」と「陰」」(水分)を養い、正常に活動させるための食材)をとる。
ポイントは血ものと陰もののダブル食い!

血:レバー、イカ、ニンジン、ほうれん草、黒ごま、レーズンなど
陰:ホタテ、アサリ、白ごま、牛乳、豆腐、ナガイモなど







 解毒作用のある食材(肝の働きを助け、解毒する食材)をとる。

菜の花、フキ、セリ、ふきのとう、山菜(わらび、こごみなど)








 上半身の熱を冷まし興奮を抑え、
気のめぐりをよくする「春ストレス解消」食材をとる
(肝の熱をとり、肝の働きをのびのびとさせて気を巡らせる食材)

セロリ、春菊、トマト、三つ葉やパセリ、ハーブ、パクチーなどの香りの強い野菜、
菊花<カモミール>、ミント、ジャスミンなど。

 


と、







珍しくしょっぱなから

薬膳の話を書いたところで
<たんなるしらふ時のコピペ>









おじからの手紙パート2 FROMくまも〜と〜♪
(「カナダからの手紙」風にお読みください)









ごめんなさいね、

「畑中葉子って誰よ」的ヤングのみなさま









前々回のブログにて、
もと校長先生、もと国語の先生の叔父からのお手紙をご紹介しましたが、
あまりの素晴らしきお褒めのお言葉に恐れ入りまして
御礼のお手紙を差し上げたところ、
さらにお返事がまいりました。




またまた、先生。
泣けてきます。





「多くの本が知識に重点を置いているなかで、
あなたは『姿勢』にポイントを置いているところが
素晴らしいと思います。
読むひとに、軽やかに一歩を踏み出せる気持ちにさせます
。」












「軽やか」。








読むひとが「下には下がいる」という感想を軽やかという
薫風が翻るような春表現に置き換えるこの絶妙さ。
おじちゃんが軽やかすぎです。








さらにはこんな文言が。




「新しいタイプの執筆者の登場だと感じました。」








たんなるイロモノのデビューをあたたかく

見守るおじの心配り(涙)




おじちゃんの
ankimoの姿勢=スタイルに共感いただけることに感謝して

今回は。







「1WEEK、

これが東京ankimoスタイルう〜♪」
<テレビのゴールデンタイム21:55〜のミニ枠風にお読みください>









月曜日:

東京の桜は散り始めた。
お花見もそろそろ見納めのときを迎え。




…にもかかわらず、終わりなき花見(酒)を楽しむankimo。



東京タワーと桜♪


春の宵、
「プリンスさくらタワー」でワイングラスを傾ける…





んなわけもなく









もちろんチューハイ片手に

ビバ! 増上寺なう〜







そんなんで終わるわけもなく










大門の居酒屋でチューハイワンスモア×10回





これが東京ankimoスタイルう〜
<はぁ…>






火曜日:


五反田で某出版社のすてきなお姉さまとお打合せ(飲み)。
焼酎片手に白熱の打ち合わせ2時間。







のはずが








お打合せ3秒。
(企画書出しただけじゃん)









しかも薬膳について深く説明したいという思いで







ankimoの縄張り・

東急池上線・荏原中延へ


「ご案内」(と書いて拉致とよむ)。







もちろん、ご案内先は
聖地「もつ焼き仲居」。







ジョブズばりの「驚異のプレゼン」を展開。

















「ストレスを解消するには

ミント割り!!!」












@仲居名物ミント割











どうよ、この「スーパープレゼンテーション」!!











TEDカンファレンス登場の日も近い!
(なわけないだろ)








これが東京ankimoスタイル〜♪





水曜日:




昔勤めていた広告代理店の後輩を








聖地・中延にご招待(と書いて拉致とよむ)









「おでん蒲真」にて、チューハイ、焼酎など都合7杯くらいいただく。
(めっちゃおでん、おいしいでっせ)





後輩くんは、いろいろストレスがたまっているようなので
そら、ストレス解消しないとでしょ!!!と
とっておきのヒーリングスポットへご案内。

 


おや。










@仲居名物「ミント割」





 

デジャブでしょうか?
(毎日行くなよ!)








これが東京ankimoスタイル〜♪
(もはや、どーでもいいジングル)







金曜日;






横浜遠征です!

本日は、以前メキシコに取材にいったときに仲良くなった
すてきな男性おふたりと珍しく両手に花なグラシアスな集い!!

まずは桜木町駅前の通なお店に
つれていっていただけるということで訪れたのは。




ぴおシティ!







「ぴあ」じゃないですよ。







桜木町の駅前になんとなく鎮座している
駅ビル、ぴおシティ(すみません)。
世が世ならatreだったに違いない(どうなの、この表現)







ぴおシティの地下。そこは
「ニュー新橋駅前ビル」風味のおやじ哀愁パラダイス♪





寿司処「かぐら」入店。






横浜中央市場のネタが存分に楽しめる寿司居酒屋。






この激ウマさしみメガ盛り3000円!









イカ大根も絶品!










出し巻きもうまいよ!






当たり前にボリューミーなお寿司もうまーい!!




ぴおシティの地下、なかなかいい感じの立ち飲みもあったりで
イケますよ♪






そして
雨の横浜をそぞろ歩き。
つれづれ、野毛方面へ。






たどりついたのは、都橋商店街!






東京オリンピック開催時、野毛本通りの街並みを美しくするために、
露店・屋台を集約してできたのが、都橋商店街。
都橋から宮川橋までの大岡川の緩やかな
カーブに沿って建てられた長屋風の飲み屋街です。









このラウンデイーな構造と
ネオンの灯にしびれますねえ。





こちらには、おともだちの
ノリコお姉さまが
ママをつとめていらっしゃる
バー「はる美」があります。
はる美は、日替わりママ体制で
疲れたオヤジを癒してくださいます。




はる美では
オヤジは羊と呼びますよ。



そして、ノリコお姉さまは、四万十川新聞バッグのインストラクターでもあります。

http://shimanto-shinbun-bag.jp/



★四万十川新聞バッグとは<HPより>

四万十川新聞バッグは「ラストリバーのこころざしに合わせて、
四万十川流域で販売される商品は、すべて新聞紙で包もう」
という一言から、2003年に誕生しました。
言い出したのは高知市在住のデザイナー・梅原真氏。
生みの親は四万十川中流域に住むおばちゃん。









この新聞バッグ、すげー、かっこいいのです。
ankimoもノリコねえさんにつくっていただきました。







すてきでしょ〜



このチャイニーズ新聞のバッグに「ゆる薬膳。」とリリースを入れて











押し売りにでかけています






都橋いいなあー。
ankimoもぜひ、こちらで薬膳スナックを開きたく♪








ほれ、ankimoよりも礼儀正しいし。





 

 

 

 

以上、1週間をとおして












写真が少なすぎだよ

 












それが







ついつい飲んでいたら

撮影なんぞどーでもよくなっちゃう

ankimoスタイル〜♪


























行間も〜。














おじちゃん、こんな姿勢でよかろうか。










こんなわけで、いったいどのへんで「ゆる薬膳。」をやっているのかという
叱責をいただきそうですが、






秘密は昼







そして木曜日、













そして、居酒屋滞在中の

「クラウド」なつまみ摂取ですね
( ↑なんか使ってみたかった感全開)






やはり、ankimo的食生活になると
昼を戦略的食生活にしないと
顔面壊れモードになるわけです。




この時期は、冒頭にあげた、
春の薬膳のポイントをおさえることをせっせと意識します。








とくに、春の上昇トラブルに見舞われやすいankimoの場合
昼に、おうちにいれば春菊、セリ、フキ、菜の花、セロリなどをせっせと取り入れます。
外食時もランチで探し求めます(セロリならどっかにいる)
みつからなければ、取り入れやすい「山菜そば」。
また、食事が難しければ、菊花やミントのお茶をガブ飲み。










昼に難しかったときは、居酒屋でひそかに血眼になって
これらを探します。






じつは、金曜日の横浜遠征でも
お刺身盛り合わせの菊花や、大根<クールダウン食材です>
しそをひそかにモグモグ食べてるんですね。







名づけて














葉隠薬膳。



<完璧にノリだけで使ってますね。鍋島藩のみなさんごめんなさい>













そして、飲みに行っていない木曜日。
ここでリカバー。帳尻あわせを行います。
週末もリカバリーDay。








で、こんな春の体調アップメニューでございます。


春の身体をパワフル&ビューティ、春菊をトマト風味で
【あさりと春菊のトマト風味】




<材料>2人分
あさり   200g
タコ    100g
タマネギ<薄切り>  1/2個
にんじん(細切り) 1/2本
トマト<細かく切る>  1個
春菊<食べやすく切る> 1わ
ナンプラー<なければしょうゆ> 大さじ1
にんにく(みじん切り)  1かけ
白ワイン 大さじ2
オリーブ油、塩、こしょう 適宜


<作り方>
 フライパンにオリーブ油を入れて熱し、にんにく、玉ねぎ、にんじん、トマトを炒める。
 ,縫▲汽蝓▲織海鯑れて白ワインをふってふたをする。
 アサリの口が開いたら春菊を入れて混ぜ、ナンプラー、塩、こしょうで味を調える。


<ゆる薬膳。ポイント>
春菊の苦味がトマトでマイルドになった
ちょっとオリエンタルな一皿♪

冒頭に戻って<すげー遠くにいっちゃってますけど>
春の身体を健康に保つには
中医学でいうところの「肝」のケアが大切。

おさらいです。


 肝のバランスをとり、働きをサポートする「肝ケアフード」をとること。
このコツは、血を補い、陰<水分>を補う食材のダブル食いがポイント。


血:レバー、イカ、ニンジン、ほうれん草、黒ごま、レーズンなど
陰:ホタテ、アサリ、白ごま、牛乳、豆腐、ナガイモなど




今回は血:にんじん 陰:あさり を使用。





春にフル稼働中の肝のバランスを保って、元気に♪
女子のゆらぎやすい「春肌」をトラブル回避、美しく〜!
このダブル食い、生理不順のかた、更年期のかたはふだんから、意識するのをおすすめ。


そして。


上半身の熱を冷まし興奮を抑え、気のめぐりをよくする「春ストレス解消」食材をとること。
(肝の熱をとり、肝の働きをのびのびとさせて気を巡らせる食材)

セロリ、春菊、トマト、三つ葉やパセリ、ハーブ、パクチーなどの香りの強い野菜、
菊花<カモミール>、ミント、ジャスミンなど。





春は情緒不安定の季節。自律神経をつかさどる肝のフル稼働で
イライラしやすいし、ストレスがたまりやすいんです。
組織体制変更だの、つかえない新入社員だのに
カリカリしまくりのおやじもしっかりとってくださいな。




今回は春菊とトマトを使用♪



ついでに。
酒による肝機能アップをさりげなくタコで補った1品です。


サブには
 解毒作用のある食材(肝の働きを助け、解毒する食材)をとること。
身体の老廃物を出して、春ダイエットにも効果的♪
美しい肌にも効果的♪ 春肌にみょうな吹き出物ができたときもこやつをどうぞ。



菜の花、フキ、セリ、ふきのとう、山菜(わらび、こごみなど)





フキを使ってこんなんを。





カレー風味でビールのつまみにもよくってよ
【フキのベーコン炒め】

<材料>
フキ 150g
ベーコン(薄切り) 50g
しょうゆ 大さじ1
みりん  大さじ1
にんにく(刻む) 少々
カレー粉 少々




<作り方>
 フキは鍋に入るくらいに切って、塩をまぶして板ずりし、
湯に入れて3分ほどゆでて水に取り、皮をむいたら、3僂猟垢気阿蕕い亮个畧擇蠅砲垢襦
 鍋に油をひき、にんにく、ベーコン、ふきを炒め、しょうゆ、みりん、カレー粉で
味を調える。





フキって、どーも「茶色系食卓」に鎮座する
わくわく度ゼロなアイテム。
ベーコンと炒めてカレー風味にすると
スパイシーでコクのある「ときめきメニュー」に変身♪
お試しあれ〜。




デトックス食材:フキは体内の老廃物を追い出す作用とともに、
以前、ブログに書いたとおり
「ダイエットしやすい春の身体づくり」にも効果的。
女子にはシミにもよろしいですから。

 


とにかく、やってしまったらとりかえす、
少しでもしらふの間はなんかする。
その繰り返しが、あなたを救います。





んなわけで、
標語です。












 

「無策を補う策士たれ」

by無頼派ankimo
<本末転倒だよ>














★春の薬膳については
現在発売中の「からだにいいこと6月号」にて
掲載中の「春の毒だしゆる薬膳。」も、ぜひご覧ください〜♪


 

| ankimo | 春の薬膳 | 15:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
春ビューティ!「菜の花デトックス」でひと皮むけた美肌づくり♪


こんにちは、
ankimoです。




にゃー。









はい、本日のスペシャルゲストは、前回書いた







飼い主:「酒飲み」の猫ankimoさんでした。
(人間ankimoより賢そうですね)




さて。そろそろ東京では桜なんぞも咲きはじめました。
春うらら。なんかこう、はかどんないわけですね、原稿が。
季節の変わり目のせいか、ちょっとあったかくなってきたせいか、どーも、眠いです。










軽く二日酔いを春のせいにしてますね、ankimoさん。







ま、そういうピリっと締まらないときに向かう場所ががあります。
ankimoが愛してやまない場所は
大衆酒場以外にも、もひとつありまして。







喫茶店。




注:カフェではありません。



「喫茶店」です。







[ankimo的イケてる喫茶店の定義]

★有線がかかってる。<もちろん、曲はやたらゆるーいラウンジを超えたラウンジ系>
★大量にマンガがある。<「ゴルゴ13」とか「キャプテン翼」とか>
★女性週刊誌とフライデーがある。<かなり読み古しも含め>
★スポーツ新聞がある。
★なんでもかんでも必要性を無視して料理と一緒にタバスコが提供される。
★マスターがエプロン姿。
★野鳥や季節の風景などマスターの撮ったとおぼしき写真が飾ってある。
★らぶりーなぬいぐるみ、よくわかんねー木彫りの置きもののたぐいが混在する。
★近所の常連の長期ステイ。
★時代に逆行して、いさぎよく「全席喫煙」。






ようは「ザ・昭和」。





おまえの年のせいだろ!と言われりゃそれまでですけど、
昭和50年代くらいの日本のリビング感全開の雑な雰囲気。
カフェとかいうとこより


 

「落ち着きませんか、このほうが」






とかつて、お得意先に喫茶店の






インベーダーゲームのテーブルで強要していた
(商談はご破算)





くらいのankimoですから







「トールってなんですか?」














スタバに入ったことは

生まれてこのかた1度もない。











100歩譲って







「ルノアール」。




そして、喫茶店の魅力は「メニュー」でしょ。



なんといっても



ナポリタンがなければ喫茶店は完成しない!




なおかつ、
アルデンテ越えで、タバスコを入れて完成する甘みがあってこそ
正しいナポ!





そしてですね、
「イケてる喫茶店」の、もひとつのポイントは
「やる気がなさそうに見えて、『こだわり』があり、
けれど『こだわり』が決して主張していない、奥ゆかしさ」これが味とビジュアルに
反映されたメニューがあることだと思うわけです。







「雑ゆかしさ」です。










「ゆる薬膳。」もそんな「雑ゆかしさ」に

満ちた女らしい一冊ですね。

(は?)





これをまさに実現している「できる喫茶店」として
最近気に入っているのは浅草橋の「梅の木」。
ガード下の一見「やる気のなさそうな」建てがまえですが
店内も上記の「ankimo定義」を満たす、ゆるゆる感。



でもメニューは垂涎♪





そして、見よ〜!このナポ!







まったりと麺とハムにソースがまとわりついて美しいですねーーー。
甘めナポには、エノキダケがしのんでますよ♪
そして、ソースもケチャップだけではなくて
きっちりの手のかかったトマトソースの味わい、でもそれが主張しない。
「大人のナポリタン」とかいらねーよ!というとこをわかっていらっしゃる♪


そして、オムライス〜。





絶品です!



洋食屋のかっちりした美しいフォルムでないうえに
なんとなくかけちまったケチャップって感じですがあなどるなかれ!
このゆるゆるとした若干、破れ気味の皮。
この、おうちオム系な一見、ザツ仕上がりが
ふわふわとろとろを実現、中のごはんと
しっくりなじむという、すご技♪





んでもって、中のごはんがチキンライス風でなく、
意外にもドミグラス風味なわけですよ。
ちょっと「やられた感」いっぱいなわけです。うー。




珈琲も、もちろん、きちんとしていて、おいしいです。
「前田、卒業!」とかベタな週刊誌を読みながら
ゆるっといっちゃってください。




そして、わが地元・東急池上線・中延のお気に入りの
喫茶店「DJ」。



どうよ!



看板からして、



どこからどう見ても「ただの喫茶店」!













喫茶店はこういうコーヒー屋とコラボした看板も大事ですね。
(なおかつ、店名も「なぜ?」感全開な感じも大切ですね)




喫茶DJ。でも、
非常にアットホームで、くつろげる空間なんですねー。
こちらにもすてきなメニューがあるんです♪







さきほどは、ナポについて熱く語りましたが、
喫茶店のメニューの楽しみがもひとつ。










ありえない和風アレンジ。





「和風スパゲッティ」(パスタとはあえていわない)。で、
よくこのテの展開が見られますね。
たぶんごはんとのマリアージュが期待される、
おおよそ「五右衛門」とか「壁の穴」に存在するはずもなさそうなメニューがあるんですよねえ。




こちらの「和風スパゲッティ」もみてくれたまえ!













 

「お好み焼きですか?」とツッコミたくなります。







しかししかし。これ、めちゃめちゃ美味しいんです。




バターしょうゆベースで、玉ねぎ、マッシュルーム、ベーコン入りのスパに
どあーっとカツオブシ。絶妙です!!!!
病みつきになる味!




もちろん、エプロン姿のマスターの気配り、礼儀正しさ、
おもてなし、すべてが完璧。
メニューの出し方も絶妙。


そして、近所のおばさんとの話題も知識の豊富さに
タダモノではない感じがいっぱい。
たとえば
桜のお話をしていたら、
それはもう、めくるめく語っていらっしゃるわけです。



地元の名所→桜の歴史→都内の名所→全国の桜の開花日→日本の名所→




そして最後には








「ワシントンDCの桜が…」





グローバルだよ!
博覧強記、絶え間なく続く話題、よどみないトーク、
相変わらず、ラジオに出ては拙いトークで
MCのみなさんを固まらせるankmoとしては、マスターを見習いたく(涙)






はっ。








店名は「DJ」。





中延へお越しの方、ぜひお店で店名の由来をお聞きになってみてください…。


と。まったくおおよそ
薬膳とかけ離れた会話をイントロに
きょうは「春の薬膳」小話で。
(趣旨が逆だよ!)



以前も書きましたが、春は新陳代謝がアップし、解毒の季節!
体内の老廃物を出しやすい季節なんです。
しっかりデトックスすることで肌トラブルを防ぎ、つやっつやの肌に!
でもって、ダイエットしやすい身体づくりも可能に♪
男子もダイエットシーズンとして見逃せない春、到来です!



そんなスーパーデトックス食材が、春が旬の「苦味のある野菜」たち。
菜の花、ふき、せり、山菜などです。
老廃物を身体から出すのにお役立ちー!
デトックス美肌、ダイエットしやすい身体づくりに、ぜひ取り入れて!



きょうは菜の花を使って
デトックスビューティー!


ほろ苦風味、大人のポテサラ感覚♪
[菜の花とナガイモのサラダ]



<材料>2人分
ナガイモ 15
菜の花(ゆでて1センチくらいに刻む) 1/2わ
ツナ缶  1缶
A(マヨネーズ、レモン汁、粒マスタード) 適宜

<作り方>
.淵イモを適宜切って、レンジに6分ほどかけて、つぶし、Aを混ぜる。
∈擇硫屬縫泪茱諭璽此稱姪咫⊂量>であえる。
 ↓◆缶汁を切ったツナをあえて、塩、こしょうで味を調える。


[ゆる薬膳。ポイント]


菜の花の苦味が得意でないひとにも
マッシュしたナガイモのマイルドさで美味しくいただけるサラダです。

もみのりぶっかけてもおいしいですよ〜。

菜の花は、解毒効果とともに
目の充血やのぼせ、イライラなど
春に起こしやすいトラブルに効果的。


春って、なんだか肌がゆらぎますよね。
いつもはできない、ヘンな吹き出物がでちゃったり。
春は陽気が上にあがりやすいので、とくに、
吹き出物などができやすかったりするんです。
そういうときにも炎症を鎮めてくれる、こやつがいいわけです。


そして、さらにデトックスパワーを高めるためには
気を補うとよろしい♪
ナガイモでしっかり、気の補充も兼ねてます。

そんなことで、ま、オバジの集中ピーリング的なメニュー。
春の肌トラブルをしっかり解消しましょ。


<ゆる薬膳。掲載情報>

現在発売中の
名古屋タウン誌「チーク」
京都・滋賀のタウン誌「リーフ」にて
「ゆる薬膳。」御紹介いただいてます♪


 

| ankimo | 春の薬膳 | 15:57 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
春は頭上系トラブル多発シーズン!菜の花で陽気をコントロール♪


強くなりたい企画、第2弾。






 



ankimoの辞書と身体にない言葉。それは

 











筋肉。

 







スーパー文科系、運動大嫌い、
腹筋自己ベスト記録1回のankimoとしては
これまで筋肉という言葉を意識したことがまーったくなかったわけです。

 









前回の古武道ですっかり
身体の未知なる力に目覚めたもので
はじめて筋肉について思いを巡らせたわたし。

 

 




つらつら、とあるカルチャースクールの案内を見ていて
目にとまったのが
「ロルフィング」。





 

ロルフィングとは。

 



筋肉を統括するシート状のもので、
全身をひとつに繋げている「筋膜」に働きかけるアメリカ生まれのボディワーク。






筋膜は全身をひとつにまとめている組織なので、
一箇所にふれても全身に影響を及ぼすので
「自由で自然な身体の動きが可能になる」んだそう。






わかるようなわかんないような…。






とはいえ。







バブルの申し子のためハイヒールの履きすぎで
姿勢が悪く、歩き方がなってないわたし。
年々、なんだか歩きづらい。







だれかに言われたことがありました。













「ankimoさんの歩き方って

生まれたての子ヤギみたいですね」










めえ〜…。







子ヤギじゃ老後がこわいよー(泣)。




 




というわけで、このロルフィングをベースにした
ロルファー・藤本靖先生の講座に行くことに。




 

内容としては「身体の深部で動くという感覚」を学ぶというもの。
身体の内側を使えるようになると動きの質が向上し、
心身の統合感が得られるんだそうな。





たとえば「呼吸を深くする」、「グランディングする」、
「身体を立体的にする」、「股関節を自由にする」、
「身体の中心軸をつくる」、「大腰筋を目覚めさせる」、
「顔と頭をすっきりさせる」、「カラダ全体を統合する」ことで
全身の筋肉や骨を本来あるべきポジションに持っていき「ホームポジション」をつかむ、という講座。





…あらためて、わかるようなわかんないような、わからん。

でも、









とにかく「婚活の状況がよろしくないから」

やむなく「強くなりたいキャンペーン」ですから。

 





文字にすると、いたたたたたたた(泣)









クラシックバレエも趣味としていらっしゃる
藤本先生は、動きがしなやかなイケメンです。
筋膜王子とお呼びしたい〜!







 



受講者はアスリートやピラティスの先生など
もともと身体についての意識が高いかたたちが多いよう。

 





筋肉ばかりか筋肉知識もない、くらげ女が約1名。






 

先生のお話をひらたーく説明すると
「筋肉にはそれを統括するシートである筋膜がついていて、
筋膜の位置を正しくイメージすることで
筋肉もそこに動いてく」→そのためのボディワークを行う、ということ、らしい。








初回は、ロルフィングで重要視されている
大腰筋を意識するワーク。








大腰筋というのはとても、意識しづらい筋肉である。
 大腰筋が身体の深部にあるからである。
表面に見えている腹直筋などの表層筋のさらに下にあるのが大腰筋なのである。









なので、ある…?





















先生「大腰筋わかりますよね? ankimoさん」

















知りません(キッパリ)


 









見抜かれたか、くらげ感…。





でも、実際のエクササイズ的にはとても簡単なことなのです。






たとえば、大腰筋の動きや、
大腰筋につながる骨や筋肉が
どこにつながっているのかを実感するためのエクササイズは
寝転がって、開いた足を片方ずつほんの少しあげる、それだけというもの。





だけどこうすると、たしかに
インナーマッスルである大腰筋を意識できるんですねえ。




そのうえで、歩いてみると
動きやすい〜!
姿勢もよくなる!
頭もスッキリすがすがしい!



その後も
「りょーれいきん、ぜんかつきん、しょうきょうきん」(字もわからん)
など、たくさんの筋肉名とともに
ワークをつづけましたがが
どんどん、歩きやすくなるし、
動きやすくなるし、
体が安定してくる!


筋膜を意識するとこんなにらくに動けるなんて〜









ザ・筋肉革命。











以上、こんなことをのたまう自分にそーとー酔っているとともに、
すっかり気分だけ腹筋割れた気になってる(かんたんすぎ)
ankimoのレポートでした♪









さて。
本日は、筋肉とはまったく関係なく、
「春の体調トラブル」について。






春を迎えて、あたたかくなるとともに
なんだか頭痛が、なんだかのぼせる、
目が充血する、鼻の調子が悪い、のどがいたい、めまい…など
頭より上の不調が気になること、多くないでしょうか?










この頭上系トラブルは、
春の陽気が身体の上部に集まりやすいせい。
春は「頭上系トラブル多発シーズン!!!」






気の上昇が引き金となって、
血圧が高いひとは一気に上がっちゃう時期。
脳梗塞といった発作も置きやすいので要注意。






よって、この時期の「上昇」トラブルを防ぐには
鎮静効果のある「苦み」のある野菜をとることがポイント。








具体的にいえば、春に旬をむかえる
菜の花、セリやワラビ、こごみなどの山菜。

 






また、春は自律神経をつかさどる
肝のバランスが崩れやすく、
情緒不安定になりがち。







これらの食材は、肝の機能を高めてイライラを鎮める効果もあります♪



 

本日は「菜の花」をフィーチャー。





菜の花は、
ankimoの人生において「花なんか食ってどーするよ」と、
まったくもって
ピンときてなかった食材なのですが
薬膳を始めてから春先の健康維持に食すようになりました。

 




慣れると。
いやー、この苦みが「春だねえ」
なんていいながら
日本酒飲むのがいいんだな〜(おいおい)

 




きょうは、こんなサラダでいただきますよ。










 

〔ほろ苦菜の花をマイルドに、たまご風味で召し上がれ〕
菜の花とツナの卵サラダ


<材料>2人分
菜の花(食べやすく切ってゆでる)   1わ
ツナ                      1缶
ゆでたまご(粗くみじん切りにする)   1個

A(マヨネーズ、粒マスタード、レモン汁各適宜)


<つくり方>
,罎任榛擇硫屐▲張福△燭泙瓦鬚泙次Aであえ、
塩、こしょうで味を調える。




<ゆる薬膳。ポイント>


菜の花のほろ苦さが、たまごの効果で
マイルドになって、
おいしくいただけるサラダです♪





菜の花、苦手〜というひともぜひお試しを〜!
(苦いのがやだー、というひとは
たまごを、も1個ふやしてみてくださいな)




 


菜の花は
目の充血、のぼせなど頭上系トラブルに効果的。
イライラする〜!!!というときも
クールダウンにお召し上がりを。



 

そして、春に働きが活発になる肝の機能を高めて
デトックスする効果もいっぱい。


春にしっかりデトックスしとくと
やせやすい体になりますよー。




また、炎症をおさえる効能もあるので
吹き出物にもおすすめ♪

 


 








それにしても。
どんどん強くなってるような
妄想を抱くきょうこのごろ。

 

 

 






いよいよ、おひとりさま一直線











 

<ゆる薬膳。的コツ>


頭上系トラブルには
セロリ、春菊もおすすめです!!

 

 

 

 

| ankimo | 春の薬膳 | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
春は情緒不安定の季節。「春菊」でストレスフリー♪

 

春うらら〜。



本日は、新国立美術館に「ルーシー・リー展」を観に行ってきました。



イギリスの20世紀を代表する
女性陶芸家、ルーシー・リー。
ウィーンで伝統的な工芸、バウハウスのデザイン
ロンドンで英国初期スタイルや,
東洋の器への憧憬といった
さまざまな影響から生まれた独自のスタイルの作品は本当にすてき。
 









これまで写真などで見ていいなあ、いいなあ、と思っていたのだけど
実際に見ると衝撃です。




器って「こうやって使いたいな、盛り付けたいな」という視点で
見ることが多いのだけど、彼女の器は「絵画」のよう。
ひとつひとつ、見入ってしまいます(といっても、どれも
実際使えそうな、使えるはず、のものなのだけど。だからすごい)

 


フォルム、テクスチャー、染付け、色、どれもとっても繊細なのだけど
そこにしっかりとした世界が凝縮されていて「とても強い」。
で、緻密に造られているのだけど、貝とか石とか人の手ではつくれない
自然が生み出した造形、模様のような「自然さ」があるのです。

 

とくにピンクの釉薬の器の美しさは
もうもうもう。
欲しい〜!!!!

 


93歳でこの世を去った彼女ですが、末期にわたっても
作品はどれも瑞々しさと挑戦に満ちているのにも驚きます。
彼女が、いつも驚きと発見に満ちた陶芸制作を重ねていたことが
彼女のこの言葉に集約されています。



「窯を開けるときは、いつも驚きの連続」




ankimo的に言う






「居酒屋ののれんをくぐるたびに、驚きの連続」と似てますね。





ん??




器を見て背筋がゾクゾクするなんて、はじめて。
もうもうどうしよう、と3時間以上、固まってました(笑)
美しいものを観ると、とてもこころが豊かになります。





んー、こおいう
休日が、ankimo的ストレス解消法です。



 

飲酒以外の。

 

 

てなことで、本日はストレス解消「ゆる薬膳。」について。



春先は、中医学的にいうと
自律神経をつかさどる「肝」のエネルギーが強くなる季節。
身体に血を巡らせたり、解毒を活発にする肝の働きが過剰になり、
そのバランスを崩しがち。
よって、イライラしたり、怒りっぽくなったり、情緒不安定になりやすいのです。




さらに、人事異動や新入学など環境も変わりやすい季節。
この時期は肝の働きを助けて、
滞りがちな気の流れをスムーズにする食材
を積極的にとりたいもの。



きょうの、おすすめ食材は春菊



春菊の効能は薬膳では「安心神」といいます。
リラックスしそうでしょ〜。
気を巡らせて、イライラを解消し、精神を落ち着かせます。
胃腸を丈夫にし、
高血圧、のぼせ、めまい、頭痛、目の充血にもおすすめー。



きょうは、こんなレシピで。



コリアン風味でおいしく春菊がいただけます♪
【春菊とカツオのストレス解消あえ】

 

【材料】2人分

春菊(食べやすく切って、サッとゆでる) 1/2わ
カツオ(食べやすく切る) 1/2さく

A(しょうゆ 大さじ1/2、 みりん大さじ1/2、酢大さじ1
コチジャン1/2、にんにく・しょうが適宜)
黒すりごま、白すりごま 適宜

 

【作り方】
.ツオ、春菊を混ぜ合わせたAであえ、黒すりごま、白すりごまをふりかけて、できあがり。


【ゆる薬膳。ポイント】



コチジャン入りのこくのあるあえもの。
春菊のクセが消えて
おいしくいただけます♪




春菊っていうと
苦手なひとも多いと思います。
かくいう、わたしも
「すき焼きにおける春菊の意味がありえねー」と
幼少のみぎりより思ってきた女ですが、
そんなわたしでも「あれ、春菊いけるじゃん」と思った
くらいなので、ぜひお試しを。



ストレス解消食材、春菊に
気や血を補うカツオをプラス。


またちまっと、このレシピには
春の「薬膳レシピポイント」があります。




黒すりごまと白すりごまの「ダブルづかい」〜!


これ、
「肝のバランスを整えるテク」なんです。



血をふやす、補血作用のある食材(黒すりごま)と
身体の陰をふやす食材(白すりごま)を同時にとることで
「平肝作用」=肝のバランスがとれるのです。



春の食卓で、ゴマが使えそうだなーというときには
お試しを〜。

 


<日々、ゆる薬膳的コツ>

春のストレス解消ドリンクには
菊花茶、ミントティー、ジャスミンティー,ゆずドリンクなどを〜

 

 

 

| ankimo | 春の薬膳 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
春美容レシピ 旬のあさりでデトックス

 
春美容レシピ 旬のあさりでデトックス

 

きょうは


アカデミー、な1日でした。


アカデミーを受賞した映画2作初日のはしご♪


まず
「ミルク」。

http://milk-movie.jp/enter.html

ガス・ヴァン・サントとショーン・ペン。
観るしかないでしょ!という組み合わせ。とても楽しみにしてた1本です。
素晴らしい!!


アメリカ初の同性愛者で
初めて公職についたハーヴィー・ミルクの人生。
へたすると、ただの「感動のドラマ」になっちゃうところを
さすが、ガス・ヴァン・サント。
手法はあくまで「インディーズ」。
劇的になりすぎることをぎりぎりまで抑え、
でも情熱や情緒が細かな演出できっちり表現していて
うまいったらありゃしない・・・
ショーン・ペンも相変わらずの素晴らしさ。
出演者のひとりひとりもとてもいきいきとしていて魅力的。
(そういえばパンフレットで実在の彼らの写真がありましたが
どの方もとてもいい顔をしていたのも印象的でした)
見ごたえ十分でした。
 

2本目は「スラム・ドッグ・ミリオネア」
http://slumdog.gyao.jp/


いいと思うんだけど・・・
わたしは原作『ぼくと1ルピーの神様』を読んでまして。
めちゃめちゃ面白くて仕方なかった1冊なのです。
映画は映画で、「ムンバイの熱気」が伝わってくるんだけど・・・
(ダニー・ボイルっぽさが効果的だとは思うんだが)
小説があまりに凄すぎて、映画はまた別物、として観たというか。


ぜひ、映画をみてよかったなーというひとは
原作を読んでみて!!
1度読み出したらとまらなくなること間違いなし!!
ひょうひょうとした語り口、
ぐいぐい読み込ませるストーリーにかなーりやられますよお。


映画好きのわたしは
「映画ピクニック」な休日は




こころのデトックス♪




昨日に引き続き
からだのほうも



デトックスな夕ご飯!

 

デトックスには解毒をつかさどる
肝の働きをよくするのがポイント。




おすすめの食材は


あさりです。





今が旬のあさりは、身がふくふくしていて美味しいですよねー。






肝の働きを強めて、解毒作用を高めるとともに
身体に潤いを与えます。
からだの余分な熱をとり、情緒も安定させてくれます。




きょうはこんなレシピにしてみました

デトックス&春美容に。あさりの旨みいっぱいメニュー
【あさりと小松菜のベーコン風味】




<材料> 2人分
あさり 200g
小松菜(食べやすく切る) 1/2わ
ベーコン(4センチくらいに切る)  3枚
バター   適宜
A(だし汁 1/2カップ、しょうゆ、みりん各大さじ1/2、酒大さじ1、にんにくのみじん切り、輪切り唐辛子少々)


<つくり方>
.侫薀ぅ僖鵑縫丱拭爾鯑れて熱し、あさり、ベーコンを炒めたらAを入れる。
△△気蠅慮が開いたら、小松菜を入れて
火が通ったら、こしょうをふってできあがり。


<ゆる薬膳。ポイント>

あさりとベーコンの旨みが小松菜に
しみしみしておいしくいただけるメニューです。


あさりに
組み合わせた小松菜
血を補い、肌荒れを予防してくれる食材。
からだに陰を補ってくれるあさりと組み合わせることで
春に崩れがちな肝のバランスを整えるのに効果的。




まさに春美容にぴったりレシピです。





ふだんアホみたいに飲んで騒いでるので
休みの日はなにしてんだろ、と思われがちですが
休日は調整日。
こころの栄養と身体の栄養を補給して

 



来週の飲みに備えます

 

 

| ankimo | 春の薬膳 | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
春のストレスに「アスパラオレンジ」

 

きょうは1日、会社のデスクにかたまってました。


企画がうまくうかばん・・・
あたまが悪いのか要領が悪いのか。


さっきから気分転換に
LOVE松山ケンイチくんをネット検索して
にまにましてたら・・・




あ〜、21時30分・・・。




あたまのほうに意識があがっちゃってのぼせた感じです。
(注:ケンイチにのぼせたわけではない)
ふうううう・・・





春はストレスの負荷がかかりがちな季節。

 

春の陽気はからだの上部にあがりやすいので
のぼせたり、イライラしがちなのです。
めまい、頭痛などの症状もおこりやすい季節。

 

そんなときにおすすめなのが
いまが旬の
アスパラガス
気を補って疲労回復し、からだの余分な熱を鎮めてくれます。

 

薬膳の大事なところは
「ひどくなってから」ではなくて、
兆しの段階で、食事をアレンジすること。

 

ん?  と思ったらすぐに
ごはんで「ストレスに強くなる身体づくり」を心しましょう。

 

 

というわけで、
きょうは、こんな一品を。


アスパラガスをさわやかな風味でめしあがれ
【アスパラオレンジ】








<材料>2人分
アスパラガス【湯がいて2、3等分に切る) 5本
ツナ缶     1缶
オレンジ(半分に切り、半分は汁をしぼり、半分は皮をむいて一口大に切る)   1個

A(オリーブ油大さじ1、オレンジのしぼり汁1/2個、しょうゆ大さじ1、
酢 大さじ1、粒マスタード少々)




<つくり方>
.▲好僖薀ス、ツナ缶、オレンジをあわせ、Aであえて
できあがり。





【ゆる薬膳。ポイント】
旬のアスパラガスを
オレンジの甘酸っぱいドレッシングでいただくサラダです。

 


春は自律神経をつかさどる肝の気が滞って
情緒不安定になりがち。
気の巡りをよくしてリラックスさせてくれる
オレンジを組み合わせて
ストレスフリーな身体をつくるメニューに。

 

 

さ、ワイン飲んでとっとと寝るわよ。




【日々、ゆる薬膳。的コツ】

アスパラガスは、「鼻づまりタイプ」の花粉症にも効果的。
こちらのメニューをお試しを♪

| ankimo | 春の薬膳 | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
怒りんぼうの性格が「セロリ」で変わる!?



唐突ですが・・・

みなさん、何をみるとなごみますか?

 

最近のわたしはもっぱらこちら。



しろくま!!!

 

今年、誕生した札幌市・円山動物園のしろくまの双子の赤ちゃんです。

http://www.city.sapporo.jp/zoo/topics/polar_bear.htm

日本でしろくまの赤ちゃんが見られるのはここだけ。

 

これがもうっ!!
ぬいぐるみ???というほどかわいい♪



いらっとしたときに
このしろくまくんたちの
ころころしたからだつきや
愛くるしいポーズや
つぶらなひとみを見ると



くふっ♪



目じりが下がります・・・

 

 

くまもそうですが口角があがっている生き物は
愛されるんだそうです。
イルカなんかもそうですね。

 

ってことは、


口角がいっつも上がっていれば


愛されるってことね♪


なるほど。
明日から、口角をぐいぐいあげてみよう・・・




ん?


いらいら、ムカムカして
口角が一ミリもあがらない?





怒ってると愛されませんよっ!!!!




そんなひとにおすすめなのがセロリです。


独特の香りが
自律神経をつかさどる中医学でいうの働きを改善して
高ぶった神経を鎮め、気分を穏やかにしてくれます。




セロリによる
アロマテラピーです!!!




イライラして、ささいなことでカッとしがちなときにおすすめ。
また、普段から
キレやすい、短気、しょっちゅうアタマに血がかーっとのぼっちゃうようなタイプのひとに
おすすめです。




身近にこおいうひとがいるあなた、




セロリを食わせろ〜!!!!!!



 

膳のおもしろいとこは




「常食するものが変わる」と「性格も変わる」こと。




ちなみに、うちの弟は「かああああああっ」としやすいので
母に「作戦」を耳打ち。




セロリと、同じく鎮静効果のある菊花のお茶などを
しこたまこっそり投入・・・

 

おかげさまで、だいぶん
温厚になりました・・・。



<注>こういうタイプは ふだんから
刺激の強い食べもの→カレーとか唐辛子などスパイスがきいた辛いものは
控えめに!!





春はとくに「肝」のエネルギーが強くなり
バランスを崩しがち。
気が上にあがって、熱をもち情緒不安定になりやすいのです。
ふだんからキレ系のひとは
とくに春はひどくなりやすいはず。
セロリは春には欠かせない食材なのですー

 

あわせて
セロリは
高血圧、目の充血にもとてもおすすめです。


そしてセロリを食事に取り入れるにあたっての
注意点。




葉の部分に効能がいっぱいつまっています。



葉っぱも
しっかりいただきましょうっ!!!!!!!


しゃきしゃきセロリがたっぷりいただけます
【セロリのマヨ海苔あえ】








<つくり方>
食べやすく切ったセロリ<葉の部分も細かく刻んで入れること!>を、
マヨネーズ、白すりごま、レモン汁少々であえ
刻みのりを混ぜてできあがり。



<ゆる薬膳。的ポイント>

白ごま風味マヨネーズと
海苔のコクでセロリがおいしくいただけます。
おつまみにもおすすめ♪

 

海苔もからだにこもった余分な熱を冷ます効果があります。


かああっときたらお試しを♪





<日々、ゆる薬膳。的コツ>
たかぶった神経を鎮める食材として
下記のようなものもおすすめです

トマト、菊花、ミント、はまぐり、春菊、菜の花、セリなど

 


★胃腸に冷えがあったり、気分が落ち込みやすいひと
(怒る気力もないようなひとね)は
身体を冷やして気を下げてしまうので控えてくださいね。

 

 

 


 

| ankimo | 春の薬膳 | 13:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
春になると眠いひと!気が足りてませんよ〜

 

春眠暁を覚えず。




ねむっ・・・





春を迎えてやたらと眠い。




そんなあなたは




気が足りてません!!!




はい。春に眠い人、

あなたは


気虚です。


気虚とは、中医学でいうところの
エネルギーである「気」が不足している、機能が低下している
状態をいいます。


<気虚の症状>

・疲れやすい
・疲労がなかなかとれあい
・やる気がでない
・朝起きられない
・カゼをひきやすい ・・・

などといった症状があるタイプ。

 

春になると代謝が活発になるので、気が出ていきがち。
もともとの気が足りないひとは
とりわけ気が目減りしてしまうことで
やたらと眠くなってしまうのです。

 

気のたりない春ねむさんには
食べてほしいのが



まめ!!



本日はグリーンピースさんに登場願います。


こどもの頃、ご多分にもれず
わたしも給食のグリーンピースが苦手でした・・・。



でも。
あれはどうやら冷凍もんだからだったんでしょうな。
生のグリーンピースを
ゆであげると、
あざやかな彩りと味わいに
身体の中が目覚めるよう。
大人になってからグリーンピースのシアワセに気付きました。


そうそう、薬膳の恩師がいうておりました。




「豆の中にはこれから芽吹く生命が詰まってるでしょ!!!」




うーむ・・・。

そおいう感じ、しませんか?


さて。
先日、地方のとある化粧品会社さんに取材にいきました。


そちらの社食がそれはそれはすばらしくて。


すべて地元の旬の食材を使った
20種類くらいの
ビュッフェなのです。
しかも厨房の「お母さん」部隊がていねいに
真心こめてつくった、品々は
やさしい味わいでほんっとうに美味しい!!!


うちの会社の
食堂の心まで冷え入りそうな


「エサ」


とは大違いだ・・・


その日のメニューに「三色丼」がありまして。
とりそぼろとたまごそぼろ、たっぷりのグリーンピースが
それぞれ別々の器に盛り付けられて
自分で好きなだけ、ごはんの上にのせる、というスタイルだったのです。


好きなだけのせていいの?


いいんですか?


うお〜。


丼にごはんをよそい
とりそぼろ、たまご、大量のグリーンピース三段重ね!!!



真緑!!!

 


すんごい至福のひととき♪

 

ん????


なんか、みなさんしんとしてません?

 

「あの、グリーンピース丼になってません?」


だって、すきなんだもん・・・。
(↑取材だっつーに)


そのときのヨロコビをちいさく再現した?一品です。

 

 


とりひきと黄色いたまごそぼろで春らんまん。
【はるまめ】


<材料>2人分
とりひき肉  150g
卵   2個
グリーンピース(むいたもの 塩茹でにしておく) 1パック
しょうが(みじん切り)  ひとかけ
A(しょうゆ、酒、みりん 各大さじ1)



<作り方>
‘蕕砲箸蠅劼肉、しょうが、Aを入れ、そぼろ状になるまで炒る。
↓,僕颪鯑れて炒り(ここはしっとり派、ぽろぽろ派、好みの程度で炒ってくださいね。)
グリーンピースを入れて混ぜたらできあがり。



<ゆる薬膳。ポイント>


ようは「三色丼うえだけ」・・・
ですが、お酒のおつまみに
スプーンでさく、さく、とすくっていただくとなんか楽しいです♪

グリーンピースは
気を補い、消化をつかさどる脾の働きをよくして
疲労回復してくれる食材。
胃の不調やむくみを改善する効果もあります。


同じく気を補充するとり、たまご
気の目減りをしっかりチャージ。

春のからだをパワーアップしましょう!




<日々ゆる薬膳。コツ>

気虚のひとは
気をしっかり補充してくれる
豆、きのこ、いも類も積極的にとってくださいねー!

 

 

 

 

 

 


 

| ankimo | 春の薬膳 | 02:27 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
SMTWTFS
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 水産ガールズ「魚食女子ナイト〜カモン!鮭ガール 気分はサーモンピンク!〜」開催!
    ankimo (02/28)
  • 水産ガールズ「魚食女子ナイト〜カモン!鮭ガール 気分はサーモンピンク!〜」開催!
    つつみ (02/04)
  • ザ・25文字薬膳♪
    ankimo (03/11)
  • ザ・25文字薬膳♪
    ankimo (03/11)
  • ザ・25文字薬膳♪
    みやた です、 (03/03)
  • 日本橋三越カルチャーサロンでセミナー開催♪
    EMK (02/28)
  • ザ・25文字薬膳♪
    ほ。 (02/28)
  • 新刊「春夏秋冬ゆる薬膳。」発売になりました〜
    HIKAKO (02/06)
  • 新刊「春夏秋冬ゆる薬膳。」発売になりました〜
    マピ (01/30)
  • 冷蔵庫おかたづけ「ゆる薬膳。的お好み焼き」
    tazoe (01/24)
asiato
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ