きれいに元気にアンチエイジングに。日々の暮らしにお手軽薬膳。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
不眠に酒飲みに美容に「カキ」パワー!

 

わたしの大好物といえば。















かき。












かきが好きです。











大大大好きです。









以前タスマニアに行ったとき
ホテルのバイキングにカキがある、という
カキ好きとしては
このうえないシアワセな事態に遭遇し。

 









80個食べました。

 






 












ラッコかよ…。

 

 






昨日は、都内オイスターバーにてともだちと一杯。

 








いやー、カキ好きがここにも
わんさか集ってました。
季節を迎えて行列できてます。

 






 

オイスターバーで世界のカキを
シャブリなぞと一緒にいただくのも
悪かないんですけど
いかんぜんお高いですよね…

 

 

やっぱり、カキを
たとえていうなら












フグちりでいう皿ごと大人食い!








みたいなことができると楽しいですよねえ。









 

そんなすてきなところがあれば…












あるんです!














宮城県松島町。


こちらに穴場があるんです!!





 


内緒にしときたいんですが
カキ好きのご同輩のために、こそっと紹介。








松島町磯崎漁港。
いわゆる観光客がたくさん訪れる
松島、とはちとはずれた場所になりますが
カキ大好き人間なら垂涎ものの
穴場中の穴場があるんです!

 








磯崎漁協が行っている
「かきの里」。
港に面した小屋で
新鮮なカキを自分で焼いていただけます。







詳細はこちら
http://www17.ocn.ne.jp/~syun-you/kakinosato.html

 


そのお値段たるや!!!















なんと20個たったの!1500円!!!












もっちろん味は抜群。












カキ好きなら
興奮すらおぼえること必至!








スタッフは漁協の方々。
アットホームな雰囲気もおすすめ。

 




 

 

おととしからスタートしたのですが
わたしは毎年しつこく訪れて今期も
先日行ってまいりました。











 

60個完食








 





その姿は人間とは思えなかったそうですが…。





 


さて。カキは薬膳的にも
うれしい食材。







そもそも、乾燥しがちな秋には
からだに潤いを与えるので
おすすめ食材。
そのほか、こんな効能があります。




★精神安定、不眠に。

薬膳をはじめて、大好きなカキにこんな効能があったとはー、とびっくりしました。
精神を安定させて安眠効果があるのです。
冬時期、手に入りやすい食材なので
安眠をはかりたいタイプにはぜひに。

 



 

★お肌の潤いとつやアップに
からだに水分を与え、血を増やし美肌によろしい♪



 




★更年期の女性に
ホットフラッシュ、不眠といった症状に
カキは有効♪




 


★肝機能の向上、二日酔いに
中医学でいうところの肝に働きかけ
機能を向上します。二日酔い防止にもおすすめ。






★アンチエイジングに
老化と関わりの深い中医学でいうところの
腎に働きかけるので、アンチエイジング効果があります。

 

 










というわけできょうはサクッとこんなメニューで。












カキと野菜をさっぱりといただきます♪
【カキときのこの酒蒸し】

<材料>2人分
カキ 10個
まいたけ 1パック
玉ねぎ(薄切り) 1個
昆布 (4センチくらい) 1枚
すだち  適宜
しょうゆ 適宜





<作り方>
|杷皿に昆布を敷き、玉ねぎ、ほぐしたマイタケ、カキを置いて
酒をふり、すべてに火が通るまでレンジにかける。
△垢世繊△靴腓Δ罎鯏宜かけていただく。





<ゆる薬膳。的ポイント>

はい。もうレンジでチンしちゃえばいいい、ってやつです。
カキもうまければ、まいたけと玉ねぎも
カキの風味でおいしい♪
すだちでさっぱりといただきます。







すだちの気を巡らせる効果で
リラックス&ストレス解消にもなりますー







ホイル蒸しとかでもいいんですけど
わたしが、アルミ嫌いなもので、こんな感じにしてます。

 








パワフル食材カキに
免疫力を高めて
気を補うマイタケを組み合わせて
さらに元気度アップなレシピです。










余談ですが








みんなに絶対ないといわれてますが
わたしが過去小耳にはさんだのは











カナダに「カキでできた島がある」という話。


















なんでも、
みんなそこにレモンを持って上陸し
そこいら中のカキを食いまくるらしい。

 









情報ある方提供のぞむ!!!!!
(↑マジ)


| ankimo | 秋の薬膳 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
気管支トラブルに「肺潤し食材」をー



文化の秋。

 

 


きょうは日本民藝館に柳宗悦生誕120周年記念展を
観に行ってきました。









 

日本民藝館はお気に入りスポットです。
落ち着くー。
http://www.mingeikan.or.jp/home.html

 

 






民藝。
美の対象として顧みられることのなかった
庶民の日常品のなかに、正当な工芸の発達を見てとり
「民藝」
そのことばのもとに
新しい美の概念を世に提示し、
用の美を追求した宗悦。






そのコレクション古今東西の逸品
400点が展示されています。

 










しみじみすごいなあー、と思うのは
江戸時代のものであれ、アイヌなど先住民族の衣装であれ、
どんなものも
そこにある時代表示を見て驚くほど
いまの時代にあっても
まったくおかしくない佇まいであること。
モダン、スタイリッシュとよべるほどの
ものだったりします。






 




ようは時代というフィルターに左右されない
「普遍性」があるものたちなんですよねえ。

 





 




恐るべし宗悦先生の審美眼。

 

 









わたしも審美眼がほしい。






 






男を見る眼がほしいものです。

 














 

ん?

 





 




 

さて、先日、「秋は乾燥の季節」と書きました。
よって秋は、乾燥により
中医学でいうところの肺がトラブルを
起こしやすい季節です。

 








肺は 中医学では
「華蓋嬌臓<かがいきょうぞう>」といわれています。
華蓋とは「王様を守る傘」
嬌臓とは「いちばん外の邪気を受けやすい。呼吸に
より外のつながりが深い」という意味。









ようは、心、肝、脾、腎、ほかの臓器と違って
口や鼻からの外気が直接触れるため
最も外の変化をキャッチしやすく
その影響をうけやすいデリケートな臓器ということ。






 

 


季節の変わり目に
必ずカゼをひくというひと

肺が弱いケースが多いのです。



肺が弱いために、微妙な気温の変化にすぐ反応してしまい、
その変化を調節できないからなんですね。
カゼをひいて、いつまでも
咳だけが残りやすいひとも肺虚弱タイプ。

 


また、アトピーやアレルギー、喘息も
肺の弱さからきているといわれています。




 

肺が格別ふだんから弱くないひとでも
秋は乾燥した空気の影響から
肺の働きが悪くなり
気管支のトラブル、
咳、鼻詰まり、のどの不調、乾燥からくるカゼなどを引き起こしがち。





 

よって、しっかり肺を潤す作用のある食材をとっておきたいもの。

 







★肺を潤す作用のある食材はこちら

http://yakuzenyuru.jugem.jp/?day=20091001

 

 





秋を迎え、おいしくなるレンコン
おすすめ食材。

 

 



肺を潤し、のどの渇きをとって
慢性の咳に効果的。
また胃腸の働きを整え、下痢止めにも有効なのです。
ほてりをとって、安眠を促す効果もあり。

 

 

 


いまさら論ですが
夏に養生ができていない、
夏の暑さで汗となった体液を
補う食養生をしていないと
秋の症状がひどくなります。

 

 


そして、この時期に体液を補う
食養生をしておかないと
さらに冬に悪い症状が悪化しがち。








 

 

次の季節をサキヨミして
食べることも大切なことなのです♪

 

 



しゃきしゃきレンコンをクリーミーにいただきます
【レンコンのツナサラダ】






<材料>2人分

レンコン(薄切り 酢水につけておく) 1ふし
キュウリ(薄切り)       1本
ツナ缶(小)          1個
クコの実(あれば。水で戻す))  大さじ1
Aマヨネーズ、白ごま、こしょう、レモン汁、塩、こしょう    各適宜
サラダ油  適宜



<作り方>
.侫薀ぅ僖鵑北を熱し、レンコンを炒める。
↓ ▲ュウリ、ツナ、クコの実を混ぜ、Aで和える。

 


<ゆる薬膳。ポイント>


1度炒めることでシャキシャキした食感のレンコンが
コクのある白ごま入り
マヨネーズでさらにおいしくなった
サラダです。

 

宗悦先生リスペクトで
きょうは民藝どころの「出西窯」
出西プルーの器に盛ってみましたよ。

 

 

肺潤し食材レンコンにプラスして
白ごまも肺を潤すおすすめ食材。

 

 

肺トラブルを解消して
秋を元気にすごしましょうー

 

 


<日々、ゆる薬膳的コツ>




とにかく
しょっちゅう、気管支のトラブル多発、
年中咳がでる、など
肺が弱い!ひとにおすすめなのが、はちみつ
まいにち大さじ1杯くらいを飲むようにすると
肺が強まります。






また注意点!



唐辛子など辛いものは
肺の水分を出す作用があるので
肺の乾燥をひどくします

激辛のものを食べたときに
思わず、咳き込んだりするのも
肺を刺激しているからなのです。
気管支トラブルがあったりするときや
秋は控えめにー。


| ankimo | 秋の薬膳 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
秋のお肌を豆乳でしっとり♪「うるおいおから」

 

 

 

昨晩はアラフォー女子4人で
集いました。

 

 


まあ、最近必ずや出るネタですが

 

 

 

昨日の話題となったのは

 

 

 

 

 

例の婚活事件について。

 

 

 


不謹慎ではありますが












婚活になんら成功の兆しのない一同としては、

 

 









学べるところは学びたい

 

 

 






「なぜ、え?という人が
そんなにも婚活に成功し
なおかつお金を巻き上げられたのか」という議題で
かんかんがくがくと…

 

 

 

 


結論としては












★自分のレベルでも、「おとせるであろう男」を的確に見抜く力
★また、「ある1点」(このケースでいえば「お金」)がどうにかなりそうなら
あとはまったく好みでなかろうが、
いかがなものかというところがあったとしても、全部目をつぶれる。
★尽くして尽くして尽くしまくる。
★なにか、とんでもないテクがある(←どんなんでしょうか…)

 

 

 

 

 


むりっ…。

 





 

 

 

地道に、ね…・





 

 

きたる日に老婆になってないよーに











本日は、











「お肌うるおい薬膳」。

 









先日もお話ししたように
秋は乾燥の季節。

 


http://yakuzenyuru.jugem.jp/?month=200910

 





皮膚との関係が強い、
中医学でいう「肺」を潤すことが大切。
そんな
食材たっぷりの
こんなメニューで、うるうる肌にー。

 

豆乳でしっとり感いっぱい
【うるおいおから】





<材料>6人分くらい

おから              300g
ちくわ(うす切り)        3本
にんじん(せん切り)     1/3本
れんこん(うす切り 酢水にひたしておく)  50g
ネギ(みじん切り)     1/3本
いんげん(さっとゆでてみじん切り)  10本
干ししいたけ(水200mlで戻して薄切り 戻し汁はとっておく)  2枚
白きくらげ(水で戻して細かく切る)    5g
くこ(酒にひたして戻す)       大さじ2
豆乳                    150ml

A(しょうゆ大さじ5、みりん大さじ2、酒大さじ3)




<つくり方>




‘蕕砲靴い燭韻量瓩圭繊Aを入れ、ちくわ、にんじん、れんこん、干ししいたけ、白きくらげを入れて
煮る。煮立ったら弱火で8分煮る。煮たら具と煮汁にわけておく。

▲侫薀ぅ僖鵑砲からを入れて、弱火で5分ほど、焦がさないように空炒りする。


△豊,亮兔舛汎ζを入れて3分くらい炒める。さらに,龍颪箸い鵑欧鵝△佑を入れて
7〜8分炒める。


きにくこを入れて混ぜてできあがり。

 

 

 

<ゆる薬膳。ポイント>

 

 


もともとおからが好きで、
スーパーのお惣菜を買ってよく食べていたのですが
自分でつくったほうが
いかにおいしいか痛感。

 

 


これ、相当つくりこんだレシピですので
ぜひお試しを!

 

 

 

豆乳が入っているので
ぱさつかず、しっとりクリーミーなおからに仕上がります。

 

 


豆乳は肺を潤すおすすめ食材。
気力も養い、痰をとる効果もあるので気管支喘息にもよい食材です。
ただし、体を冷やす傾向があるので
冷えやすいひとはあたためていただくこと。

 

 


プラスして肺を潤す
秋のおすすめ食材、れんこん、白きくらげ、くこ
そして、気を補うおから、しいたけ、血を補うにんじん
美肌の強力サポート。

 





お試しを〜

 


<日々、ゆる薬膳。的コツ>








こそっと入ってますが




 

 


白きくらげは
お肌の潤い、しわとりにはすっごく効きます!!

 

 

 

 

 

以前きっちり1週間くらい食べつづけたところ












顔が「もちっ、てかっ、ぷるっ」を実感。

 

 

 

いまも


















いざああああ!というときは
いざあああああ!というときの1週間前くらいから
毎日しっかり食べます(笑)










 

 

水で戻して、お水、氷砂糖と一緒に煮て、
フルーツやヨーグルトといただく

 

 

あるいは

 

味にクセもないので、お味噌汁に入れたり
さっとゆがいて海藻サラダ風にいただいても。

 

 

 

白きくらげは中華食材屋さん、大手スーパーなどにあります。


http://www.rakuten.co.jp/kojuken/484837/484852/530376/

| ankimo | 秋の薬膳 | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
モイスチャーな「白食材」で秋の乾燥肌とシワ防止!






 
「おいくつですか?」












人にトシをきくときに
単刀直入にこう言うのも
なんだかなー、ですよね。




 

 

自分が聞かれても…なんか、ねえ。

 

 

 

 

でもってよく言ってしまう

 

 

 

 


「じゃ、いくつに見えます?」

 

 

 

 

困りますよね、これ。
なんといえば!と(ってむこうもそうだろうけど)

 

 

 

 


てなわけで、ここ数年は
「何年生まれですか」と
お問い合わせしてみたりしてました。

 








 




わりとカドがたたない。

 

 

 

 

 

 

でも、もっといいテがありました。

 

 

 










「干支はなんですか?」

 

 







 

 

はい、これ、数ヶ月前の














合コンからブームなんです。

 

 

 

 

 


意外に、みんな十二支っていえないもので。

 

 






「ね、うし、とら、う…。

う? ううううううう〜?」

 

 

 








ケムに巻けます。








 

 


あるいは、自分に近い干支はだいたい
わかるものだから、
「あ〜」と予測がつくわけです。
あ、このひと近いな、と双方判断がつくわけで。

 

 

 

 


でも一番、背筋が凍るのは

 

 

 

 

 




 

絶対同じ年に見えないのに
干支が同じだったときです。

 




 

 

 

 


うー。

 

 

 

 


ていうか、














干支がどーのこーのっていってる時点で
どーなの?

 










…。











というわけで
12歳年上でも同じ年のふりをするための
シワ対策です。








秋は乾燥の季節。

 

 


秋は中医学でいうところの「肺」
乾燥しやすくなる季節。



肺は皮膚と関連が強いとされているので、
肺が乾燥すると
肌も乾燥して潤いがなくなり
乾燥肌やシワといったトラブルを引き起こします。




これを防ぐには
肺を潤す食材をとること!
肺が潤っていれば、みずみずしい肌をキープできるのです。

 

 

 

★肌を潤す「肺潤い」食材★

長いも
レンコン
白ごま
牛乳
豆乳
豆腐
白きくらげ
百合根
松の実
牛乳
たまご
はちみつ 
落花生 
なし
杏仁

        など

 


さっそく「モイスチャー食材」で
秋の乾燥肌対策はじめましょう!

 

 

 

 

 

 

 

まろやかサクサク、おつまみにもどうぞ♪
【長いもとアボカドの明太風味】


<材料>2人分
長いも(1センチ角に切る)   約5cm
アボカド(食べやすく切ってレモンをしぼっておく)  1個
明太子(中身をこそげとる)    1はら
のり           適宜



<つくり方>
.椒Ε襪膨垢い癲▲▲椒ドを入れて混ぜ、明太子を入れてあえ
のりを混ぜてできあがり。



<ゆる薬膳。ポイント>



サクサクの長いもをクリーミーなアボカドでくるんだ
明太子風味のあえもの。






のりを混ぜ込みましたが
ディップ風に盛り付けて
のりで巻いて食べるのもおすすめ♪







長いもは肺を潤す&
これまでしつっこく書いているように
老化をつかさどる中医学でいうところの
腎に働きかける美容食材。
アンチエイジングにも有効!

 


アボカドは気を補い、みずみずしいお肌をつくるのに
役立つ食材。

 




 

 

秋の間に1本でもシワをふやさないように
美容液を塗るだけでなく
しっかりからだの中から潤いを!

 

 

 

<日々、ゆる薬膳。的コツ>

潤い食材を見ておわかりかと思いますが




肺を潤す=お肌潤い食材は

 

 

 

白い食材が多い!!!!!

 

 

モイスチャーな白食材とおぼえて、秋は積極的にっ!


 

| ankimo | 秋の薬膳 | 23:28 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
CALENDAR
SMTWTFS
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
SPONSORED LINKS
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
  • 水産ガールズ「魚食女子ナイト〜カモン!鮭ガール 気分はサーモンピンク!〜」開催!
    ankimo (02/28)
  • 水産ガールズ「魚食女子ナイト〜カモン!鮭ガール 気分はサーモンピンク!〜」開催!
    つつみ (02/04)
  • ザ・25文字薬膳♪
    ankimo (03/11)
  • ザ・25文字薬膳♪
    ankimo (03/11)
  • ザ・25文字薬膳♪
    みやた です、 (03/03)
  • 日本橋三越カルチャーサロンでセミナー開催♪
    EMK (02/28)
  • ザ・25文字薬膳♪
    ほ。 (02/28)
  • 新刊「春夏秋冬ゆる薬膳。」発売になりました〜
    HIKAKO (02/06)
  • 新刊「春夏秋冬ゆる薬膳。」発売になりました〜
    マピ (01/30)
  • 冷蔵庫おかたづけ「ゆる薬膳。的お好み焼き」
    tazoe (01/24)
asiato
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
このページの先頭へ